0120-582-820

「あきらめないがん専門クリニック」として、進行ガンを積極的に治療します。

医師との面談・治療は、日本語のみでの対応となっておりますので、日本語が堪能な方からの電話申し込み、ご同伴が必要です。

なお、外国籍の患者さまとの面談は通訳を介する必要があり、通常より時間が掛かるため、すべて有料相談(1時間¥10,000+税)となります。日本語が話せる患者さまご本人が来院される場合のみ無料相談の対象になります。ご了承ください。

1. 日本語が堪能で、医療情報の和訳も可能な方

必要事項(持病・既往症・治療経過・最新の一般採血の結果・薬のリスト)を和訳した医療情報を事前にinfo@kihoukai.netまでメールにてご提出ください。
医療情報を受信次第、こちらからクリニックの空き状況などについてご案内致します。

2. 日本語が堪能だが、ご自分での和訳が難しい方

お手元の医療情報をinfo@kihoukai.netまでメールにてご提出ください。
有料となりますが、こちらで翻訳の手配を致します。
翻訳費用は、文字数によって変動致します。ご来院の際にお支払いください。
翻訳が出来次第、こちらからクリニックの空き状況などについてご案内致します。

(新)中国語・英語でのメール問合せが可能になりました!

メールのみ、中国語・英語対応を致します。(診療は日本語のみの対応です)
免疫細胞療法の内容、医師との面談や治療の流れについてご質問がある方は、
info@kihoukai.net宛にメールをお送りください。1週間以内に担当者よりご回答致します。

よくあるご質問

Q1海外在住の患者が治療を受ける場合の手続きを教えてください。
A1 治療の際の入国手続きなどは、ご家族の方(個人)でも出来ますが、専門の医療コーディネーターに手続きを依頼される事をお薦め致します。
医療滞在ビザに関する情報などは、外務省のホームページhttp://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/visa/medical/をご覧ください。
Q2医療コーディネーターとは?
A2医療コーディネーターは、患者様の身元保証機関となり、海外患者様が来日するまでの必要手続きを始め、日本滞在中において全般的に支援します。医療滞在ビサの取得、医療機関との連絡、治療日程の調整、治療の同行、医療通訳、全身治療の管理、緊急事態の対応、帰国後の対応…など
当クリニックと提携している医療コーディネーターリストはこちら。
なお、免疫細胞療法の治療内容についてのお問い合わせは、医療コーディネーターではお答えできませんので、輝鳳会がんのクリニックまでお問い合わせください。
Q3外国籍患者のための入院設備はありますか?
A3いいえ、当クリニックは入院設備はなく、通院のみの治療となります。また、休診日などの時間外および緊急時の対応は致しかねます。
Q4外国籍患者のための一般的な診療・薬処方・画像検査はありますか?
A4いいえ、当クリニックは免疫細胞療法のみ行います。
一般的な診察、薬の処方および一般的な検査、画像検査も行っておりませんので、日本滞在中に全身管理をしてくださる主治医を別に持つ必要があります。
近年、厚生労働省の『外国人患者受入れ医療機関認証制度』に認証された病院が増えております。こちらhttp://jmip.jme.or.jp/ を参考にご覧ください。認証医療機関の検索も出来ます。

 

医療法人 輝鳳会 〒171-0022 東京都豊島区南池袋1-25-11 第15野萩ビル7階 Tel:0120-582-820 Mail:info@kihoukai.net
Copyright(C) 2014 Kihoukai gannoclinic All Rights Reserved.

ページの先頭にもとる
ft-soudan ft-shiryo