池袋がんクリニック・横浜クリニック・新大阪NKクリニック・岡山NKクリニックは統合し、医療法人輝鳳会 がんのクリニックとなりました。

0120-582-820

「あきらめないがん専門クリニック」として、進行ガンを積極的に治療します。

年末年始休診のお知らせ
横浜クリニックは年末年始の為、12/28(日)~1/4(日)まで休診いたします。
ご迷惑をおかけいたしますが宜しくお願いいたします。

神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町3丁目29ー1第6安田ビル7階
freedial0120-582-820 受付時間 9:00~18:00(日祝を除く)
診療時間 10:00~18:00(水日祝を除く)
MAIL yokohama@kihoukai.net

【アクセス】 電車でお越しの場合…
 JR横浜駅西口より徒歩8分
お車でお越しの場合…
 首都高速 神奈川1号横羽線 横浜西口出入口より約2分

院長プロフィール

院長:青木 晃 (あおき あきら)
経歴:
昭和63年3月 防衛医科大学校 医学部 医学教育科 卒業 平成20年7月 横浜クリニック 院長 元順天堂大学大学院医学研究科加齢制御医学講座准教授 / 日本エイジマネージメント医療研究機構理事 / ナチュラビオティック推進協議会理事 / ナチュラビオティスト養成講座カリキュラム監修委員 / 国際システム健康科学学会代議員 / EBM for Natural Products 推進協議会評議員 / 日本抗加齢医学会評議員 / 日本内科学会認定内科医 / 日本抗加齢医学会専門医 / 日本糖尿病学会専門医

院長からのメッセージ:

がん患者さんにはいつもこうお話ししています。
「一番大切なことは、“自分の脚で歩き続けること”と“美味しく食事を食べ続けること”です」と。

末期と言われ落ち込んでいる患者さんでも、我々のクリニックに通院して、気力・元気が出て、おいしくご飯が食べられるようになり、ベッドから立ち上がり自分の脚で歩くことができれば、たとえがんがすべて無くならなくても、うまくがんと共存できます。

抗がん剤は効果があって使えているうちはいいのですが、効かなくなっても保険医療の下では、それしか手段がないので続けていると、気力・体力が萎え歩けなくなり、食事が摂れなくなっていくでしょう。
歩くことと食べることが出来れば人は明るく生きていけるのです。

私たちは新しいがん治療としての複合免疫療法や高濃度ビタミンC点滴療法などの副作用のない治療法で、がん患者さんの“楽しく元気に生き続ける”をサポートします。是非一度、無料相談会にいらして下さい。いっしょにがんをやっつけてやろうじゃありませんか!

新大阪NKクリニック >

 

医療法人 輝鳳会 〒171-0022 東京都豊島区南池袋1-25-11 第15野萩ビル7階 Tel:0120-582-820 Mail:info@kihoukai.net
Copyright(C) 2014 Kihoukai gannoclinic All Rights Reserved.

ページの先頭にもとる
ft-soudan ft-shiryo