高活性化NK細胞療法の流れ

高活性化NK細胞療法の治療スケジュール

標準的スケジュール (1クール 12週間 約3ヶ月)
※6回の治療(採血 - 投与)が1クールです。

標準的スケジュール (1クール 12週間 約3ヶ月)

治療スケジュールは患者様によって異なる場合がございます。
上記のスケジュールは、標準的な治療と集中的な治療の代表的な例です。
効果判定後の治療についても、組合せて様々な治療を行うことが可能です。

樹状細胞療法の流れ

樹状細胞療法の治療スケジュール(人工ペプチドを用いる方法の場合)

dc-sche

自家がんワクチン療法の流れ

自家がんワクチン療法の治療スケジュール(プロトコール)

jika-sche

原則として、ワクチン3回と前後の検査2回の計5回の注射投与のみで1コースの治療が終了します。

お預かりしたがん組織を加工して自家がんワクチンを作製します。 ワクチンの作製は無菌的に行なわれ、作製期間は約7~10日間です。

※セルメディシン(株)と技術提携し、患者様に最高の状態でワクチンを提供いたします。
※自家がんワクチン療法は、自由診療となりますので、保険は適応されません。